Blog ブログ

小さくはじめよう。 SDGsとつながる&anikaの想い。

SDGsのことばを耳にすることが増えてきました。
&anikaは、サスティナブルな社会を共に創っていくためのセレクトショップ。
実は、 &anikaのはじまりもSDGsへの想いと行動がきっかけです。
今回は&anikaが生まれた背景と、私たちの想いをお伝えします。

 

●SDGsの目的とは?

いま日本や世界で起こっている、貧困や不平等などの「社会問題」やエネルギーや街づくりなどの「経済問題」、そして気候変動や廃棄物などの「環境問題」各問題は複雑にからみあい、世界中の人々や動植物などに影響を与えています。

【世界が抱える問題の一例】
・1日あたり約200円以下のひどい貧困で暮らす人は世界に約8億人いて、そのうち約半分(約3億5,000万人)が子どもです。感染症や異常気象の影響でさらに悪化していると言われています。*1
・都市に住む人が増え、人々の生活環境・公衆衛生・下水処理などが悪化しています。*2
・1年間で出る世界の廃棄物の量は、2016年の推定で約20億トン。何もしなければ30年間で34億トンになると予想されています。日本は世界トップクラスのゴミ排出国です。*3
・都市に住む10人中9人が汚染された空気を吸い込んでいます。毎年約880万人が、深刻な大気汚染で命を落としています。*4
これらの問題解決に向け、国連サミットを通してつくられたのが「SDGs」です。
SDGsとは「持続可能な開発目標」の意味で、Sustainable Development Goalsの略のこと。
「地球上の誰一人取り残さない」ことを掲げ、各問題に沿った17のゴールと169のターゲットが設定されています。


 2030年までに「サスティナブルでよりよい世界を目指す」というゴールに向けて、国連に加わっている193カ国が取り組む課題なのです。*5

 

***
自分1人ではとても解決できないような様々な問題があらわになってきていますが、では私たち1人1人にできることは具体的に何なのでしょうか。
SDGsに触れる中で、私たちが感じたのは「企業として、一個人として、何ができる?という正解が見つかりづらい」ということでした。
この疑問が、&anikaのはじめの一歩かもしれません。

*1(貧困の参考:日本ユニセフ協会)https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/17goals/1-poverty/#:~:text=%E6%A5%B5%E5%BA%A6%E3%81%AE%E8%B2%A7%E5%9B%B0%E7%8A%B6%E6%85%8B%EF%BC%881,%E4%B8%87%E4%BA%BA%E3%81%AB%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
*2(都市の参考:国連)
https://www.un.org/sustainabledevelopment/cities/
*3(廃棄物の参考:
・世界銀行報告書「What a Waste 2.0:2050年に向けた世界の廃棄物管理の現状と展望」https://openknowledge.worldbank.org/handle/10986/30317
・環境省、廃棄物の量 https://www.env.go.jp/press/106564.html
*4(大気汚染の参考:
・国連SDGsレポート2019 https://unstats.un.org/sdgs/report/2019/goal-11/
・AFPBB NEWS https://www.afpbb.com/articles/-/3215540?cx_part=search
*5(SDGsの概要:外務省) https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 

 

●小さくはじめよう

「何ができる?」

この疑問が生まれたのは、デザイン制作会社Tsunagaruの社員たちが有志で行う「SDGs勉強会」がきっかけです。

 社会課題の解決に関心をもつメンバーが集まり、SDGsをベースに貧困、環境破壊、不平等などの情報をシェアしあいながら話し合いを重ねました。

 参加者が増えていくについれて「自分たちに出来るはじめの一歩は?」と1人1人が日頃から考え、良いと思ったものを生活に取り入れていくように

 「プラスチックゴミにならない歯ブラシを見つけたよ!」

 「このシリコンバッグおすすめ!」

 勉強会をヒントに、普段の買い物やライフスタイルの考え方や行動が変わり、上記のような声が社内でとびかうようになりました。

 SDGs勉強会、暮らしになじむ小さな行動、喜びのシェア・・・これが、&anikaの原点。

 「何ができる?」

 この疑問に対し、

「知ること」「小さくても動いてみること」が私たちがおのずと行きついた答えです。

 

●あなたの暮らし&anika

“本当に価値のある商品を探して、「知る」「小さく動く」ことの大切さを広めたい”

私たちの想いが集まってできたのが、&anikaのセレクトショップです。

&anikaでは、社会課題の解決につながるかつ、みなさまがサスティナブルで豊かな暮らしを過ごしていけるようなアイテムをお届けしていきます。

例えば、ベストセラー商品の「Bamboo Tooth brush」です。
(現在は取扱終了)

 【Bamboo Tooth brush(竹製の歯ブラシ)】

 

ほとんどの歯ブラシはごみとして焼却され、環境汚染につながっています。

ですが、この歯ブラシのハンドル部分は竹製なので、半年ほどで自然にかえります。

正しく処理をすればコンポストで土にかえせますし、竹は木より成長がとても早いので森林破壊になりにくいなどのメリットがあります。

また、ブラシ部分は石油やプラスチック製造で使われるBPA(ビスフェノールA)が一切使われておらず、からだに優しく安心です。

歯ブラシ1つでも、環境に優しい“小さな行動”ができます。

 

***

 

あなたの暮らし&anika。

いつも使っているものを&anikaの商品に変えていくことで、小さくてもSDGsや社会問題の解決につながるように。

「みなさまと共に、1つ1つの商品がもつ価値を分かち合いながら、楽しく育てていけるショップにしたい!」と思っています。 

ぜひご自身の生活にフィットするような商品を見つけてみてください。

自分1人ではとても解決できないような大きな問題も、1つの小さな知識、1つの小さな行動がたくさん重なれば、きっと大きなパワーになるはずです。

&anikaアイテムと一緒に、暮らしをちょっぴり楽しくしませんか?